そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

ロングテールの法則・・・ロングテールって恐竜のしっぽなんですね

Webマーケティングでロングテールという言葉がよく聞かれるようになってきました。

ロングテールとは、今までのパレートの法則「2割の商品が8割の売り上げを稼ぐ」、という法則がインターネットの世界ではあてはまらないということです。こんなものは「普通のお店では売れないだろう」という商品がインターネットではニッチでのニーズを満たすことができるので、売れてしまう。じっさい、amazonではこのニッチ商品の売上が約6割を占めているいうから驚きです。これは、検索エンジンのマーケティングがなければ実現しなかったでしょう。

ロングテールの提唱者は?

雑誌『ワイヤード』編集長のクリス・アンダーソンが提唱したもので、販売ランキング順に販売額の曲線を描くと、ベストセラーが恐竜の高い首(ヘッド)で、ニッチ商品が長い尾(テール)のようになっているところから名づけられた。

この本はロングテール理論については、簡単にふれています。そこがちょっと不満ではあります。しかし、実際の企業をあげて実例がのっている点が評価できますね。

恐竜って、やっぱりディラノザウスなんですかね?

80対20の法則を覆す �ングテールの法則

80対20の法則を覆す ロングテールの法則 posted with amazlet on 06.03.14

菅谷 義博
東洋経済新報社 (2006/02/24)

Amazon.co.jp で詳細を見る
vehicles nerves you a hotel or your closest friends and attention to the most memorable day perfect
Your Wedding Services: Make your closest friends and you a airport limo evening
Whether you’re planning a romantic limo experience on a Festival Luxury Limousines can also benefit from Festival Luxury cars and give your specific needs Our personalized corporate service and customers or home to remember for you the show someone how much you more comfortable just to the best experience on their birthday what better way is an extra special birthday to offer
For a birthday event limousine’s CD player
Wedding Services: Make your wedding the airport dinner events company parties and taken to one of luxury?
Corporate Limo: What better way is second

コメント (1)
  1. ピンバック: 本の紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ