そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

Web2.0ってなんですの?・・・そんな疑問にお答えする本

 Web2.0という言葉をサイトでよく目にするようになりました。Web2.0とはブログのような具体的なサービスや技術を持つものではなく、インターネットでここ数年に起こっている、今までは違うサービスやテクノロジーを総称してWeb2.0といっているのです。そのため、全体像を一言であらわせといっても、難しいのではないでしょうか。

Web2.0の名づけ親は?

 Web2.0は米国のオライリー社CEO、ティムオライリーがブレンストーミングの最中に、新しいWebトレンドを第2世代のWebと名づけたのが始まりです。

Web2.0の定義

 オライリーはWeb2.0的な企業の特長を以下のようにとらえています。

  1. サービス提供者である
  2. データソースをコントロールできる
  3. ユーザの無意識な参加を促す
  4. 集合知を利用する
  5. ロングテールを理解する
  6. プラットフォームを選ばない
  7. リッチで軽い

 データソースをコントロールできるかどうかは、現在のWebにとってとても重要なことです。Web2.0的ではデータインサイドと言われ、良質なデータを大量に収集して、ユーザが再利用しやすいようなサービスを作ることを言っています。Googleが一番よい見本ですね。

 集合知を利用するとは、ユーザ情報の全体をデータベース化していることです。ブログなどのテクノロジーにより情報の発信者はうなぎのぼりです。これをうまく利用することを考えます。

 ロングテールを理解したうえでもサービスが必要です。ニッチな市場を対象にしたビジネスモデル。恐竜の頭を見るのではなく、尻尾に意識を向けることが必要なんですね。これは、Amazonなどが有名ですね。

 リッチで軽いとは、注目のAjaxLAMPなどのオープンソースのマッシュ(組み合せ)により、低コストで素早く簡単にサービスを構築していくことです。JavaScriptもXMLとのマッシュによりAjaxというテクノロジーを生み出しました。

 Web2.0のサービスやテクノロジーをみていると、とてもわくわくしますね。

Web2.0 BOOK
Web2.0 BOOK

posted with amazlet on 06.03.25

小川 浩(サイボウズ株式会社) 後藤 康成(株式会社ネットエイジ)
インプレス (2006/03/01)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ