そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

現在のWeb事情を表した本・・・Web2.0への道

現在のWeb事情をカラーと事例を踏まえて表現しているおもしろい本です。(INTERNETMaganineの特集を集めたものです)技術的な理解がないと読みにくいからもしれません。しかし、Web2.0に貢献している人のインタビューがあるのでおもしろいです。

目次の内容を以下にあげておきます。

  • 新潮流!Web2.0
  • 検索ビジネス最前線
  • RSSメディアビジネス最前線
  • ブログ進化系
  • ポッドキャスティング
  • ロングテール化するNet広告
  • マッシュアップ

ティム・オライリーの論文「What Is Web 2.0」の日本語訳を前文掲載しています。

また、次のインタビューもなかなかおもしろい内容です。

  • Web2.0のエバンジェリスト ティム・オライリー
  • WWWの発明者 ティム・バーナーズ・リー
  • ブログツールのイノベーター ミナ・トロット&ベン・トロット など

前面カラーなのでわかりやすい!これからのWebの可能性を示してくれる本です。たぶん「いろんなサービスができるんだろうな」と考えるとわくわくですが、あれもこれも考えると、まとまらない今日このごろです^^

Web2.0への道
Web2.0への道

posted with amazlet on 06.05.29


インプレスR&D (2006/04/15)

にほんブャ村 本ブャへポチッとな!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ