そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

楽天はWeb2.0ではないか?・・・AERA8.14-21

AERA8.14-21の記事に「王者楽天 転落の現実味」という記事が掲載されていました。
要約すると以下のような内容です。

インターネット調査会社ネットレイティングスは2月、アマゾンが訪問者数で楽天に肉薄しているとする調査結果を発表した。訪問者数ランキングで2位につけている楽天だが、アマゾンも4位まで急上昇してきた。また、富士通総研が3月にネットショップ利用者1600人を調べた結果では「一番気に入っているネットショップ」の1位はアマゾンだった。品揃えや信頼性など11項目の満足度で最高となった。楽天は主要8ショップで平均点以下だ。さらに興味深いのは、書籍・CD・ビデオといった分野別ではシェアが低く、アマゾンが8分野のうち4分野でトップを制する。

「ウェブ進化論」で梅田望夫氏は、商品データベースなどを積極的に外部に公開しているアマゾンに対して「非公開型」の楽天は発展性が乏しいと指摘している。だか楽天も、「全国の小売店に門戸を開いている当社も、開放型に近い」といっている。

「全国の小売店に門戸を開いている当社も、開放型に近い」というのは、楽天の営業員や説明会が積極的(かなり強引?)に増やしてきただけであって、開放型というわけではない。ただ、店子を増やしているだけである。Web2.0的要素、アイディアが使用されているとはいいがたいのでは?

アマゾンも楽天のように「場所貸し」を年内にするといっています。今後、楽天のシェアを奪っていくようなネットショップシステムの参入が予想されます。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫
筑摩書房 (2006/02/07)

にほんブログ村 本ブログへ←僭越ながらブログランキングに参加しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ