そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

楽天が利益を圧迫

 楽天の第2四半期決算が発表された。結果は、EC事業部の売上高は137億7,000万円(前年同期比76.4%増)。ただし、人材採用のコストやポイント利用率の上昇の影響で、直前四半期比では経常利益が11.8%減少し、42億8,000万円。しかし、トラベル事業部は堅調だったようです。先行投資のため、一時的に利益を圧迫したということでした。Web2.0への対応ということも語っていますが、革新的サービスというわけではないように思います。今後、EコマースにAmazonの参入も予想されますが、どうなるんでしょうか?どうも、革新的なアイディアを出して勝負するという社風には見えないのですが・・・。人だけそんなに採用していいんでしょうか。

 また、8月9日に発生した楽天市場のシステム障害については、「委託会社がやってしまった。」ということで、どんな委託会社やねん!損害補償については検討中ということでした。

にほんブログ村 本ブログへ←僭越ながらブログランキングに参加しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ