そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

梅田望夫さんのシリコンバレー精神

「事業で失敗しても返さなくていいお金」があったら、あなたならどうしますか?

シリコンバレーのベンチャー精神を伝えてくれる本が梅田望夫さんの「シリコンバレー精神」である。

ここシリコンバレーでは、次々に新しいベンチャー企業が生まれ、新技術、新事業が世に問われる。そんな中から一握りの成功企業が出るわけだが、そのかげにたくさんの残敗企業が生まれるのも事実だ。それでもシリコンバレーが底抜けに明るいのは、「失敗しても返さなくてもいいお金」、つまりベンチャー・キャピタルからの資金で、産業全体が回っているためである。>

「失敗しても返さなくていいお金」ならば、だれもがベンチャーにチャレンジしたいだろう。これが本当の再チャレンジなのかもしれない。日本で、「再チャレンジ」をするのはリスクが大きすぎる。そのリスクを取り除く政策はないのだろうか。しかし、「失敗しても返さなくていいお金」というだけで楽観はできない。そのお金を得ることができたら、そのからはジェットコースターのような時間が待っている。

ベンチャー企業の創業者たちは、自分たちの給料、雇った社員の給料、開発費、オフィス経費などを支払いながら、手元の資金が尽きるまでの間に、アイディアを「大きな価値を現実に生み出す製品やサービス」に創り変え、それを世に問うというゲームを始めるのである。その途上で資金が尽きれば、同じ出資者からの増資を受けたり、その時点までの進捗成果に賭ける新しい資金を調達して、また走り続ける。成功して株式を公開すれば、何千ドル、何億という価値の株式をベンチャー・キャピタル、創業者共々保有することになる。これがシリコンバレー・ドリームである。

梅田望夫さんは、あとがきでシリコンバレー精神について以下のように書いている。

「シリコンバレー精神」とは、人種や移民に対する底抜けのオープン性、競争社会の実力主義、アンチ・エスタブリッシュメント的気分、開拓者精神、技術への信頼に根ざしたオプティミズム(楽天主義)、果敢な行動主義といった諸要素が交じり合った空気の中で、未来に創造するために執拗に何かをし続ける「狂気にも近い営み」を、面白がり楽しむ心の在り様のことである。

日本は行政機関とIT産業自体がすべて東京に集中している。そして、IT産業と産学官連携も少ない。シリコンバレーにはスタンフォード大学があり、IT産業と大学は双方なくてはならない環境にある。教授が学生を連れてベンチャーを立ち上げるというのもめずらしくはない。日本にも東京以外にシリコンバレー精神を持った地方都市が出てきてもいいのではないだろうか。

本書は1996年から2000年までの記録をもとに執筆したものであるため、内容は古いかもしれない。でも、よきシリコンバレー精神を知るにはとてもよい本である。また、なつかしく読むこともできるだろう。

シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 2637
おすすめ度の平均: 4.0

4 しょせん別世界の話ではあるんだけど…
4 日本はシリコンバレーに追いつけるのか?
4 Web3.0の予感を残しつつ

コメント (1)
  1. ピンバック: file mp3 musica on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ