そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

富士通の社内SNSの利用

 日経ビジネス2007.2.19号の特集は「求む!話せる上司 ~”仮面職場”に立ち向かえ~」です。入社3年以内の若者の転職は35%以上に達しているという。仕事に追われて部下の指導に手が回らない上司。それに失望する若手。若手は「物分りがいい部下の仮面」をかぶっているという。殺伐とした職場の人間関係は、最近になって多く聞かれるようになってきた。
 成果主義では、部下の指導をしても自分の給与には跳ね返ってこない。ましてや、自分の仕事が滞ったら、減給にもつながってしまうであろう。それを見た若手は失望しても仕方がないのではないか。そこを企業がどう乗り越えるのか、対応できる企業とできない企業で今後の明暗が分かれそうである。ここで、富士通グループの社内SNSの利用が記事で紹介されていました。(以下、引用)

 

富士通の社内SNSでは、グループ社員と友人関係を結んだり、他人の日々の日記にコメントができる。実名が分かる点こそ違え、使い勝手は国内最大のSNS「mixi」にかなり近い。
 情報共有を目的として社内SNSを導入する企業は増えており、それ自体は珍しくない。しかし内容は、業務日報の公開や新規事業の議論など、あくまで業務の範疇。社命として利用を促された手前、そうせざる得ない。
 だが、富士通の場合は全く違う。「8kg痩せるぞ!」という日記に、「頑張れー」というコメント。グルメ関連コミニティーには「昨日この店に行きました!」という書き込み。
 もちろん業務に関連した話題もあるが、グルメやダイエット、旅行といった、ミクシィさながらの実にざっくばらんとした内容が多い。実はこのSNS、富士通が会社として公式に用意したものではなく、言わば社内LANの中にできた「勝手サイト」。会社として利用を奨励したことは一度もないのだ。
 発端は、グループウェアの富士通ソフトウェアテクノロジーズ(FST)が新製品として開発した社内SNSを、一部の社員にテスト目的で利用したもらったことだった。その一部社員が、グループ内の他の社員をSNSに誘い、草の根で利用は広がっていった。
 2005年11月のオープンから一年後には参加者が6000人を突破。今では7000人以上のグループ社員が参加する、国内最大の「社内ミクシィ」に成長した。利用者の8割は、やはり20~30代のミクシィ世代だ。

 社内SNSは最近よく聞かれるようになってきた。しかし、経営者は遊びでシステムに費用をかけることに躊躇う。そこでSNSにグループウェア機能をつけるという方法で導入するケースが多くなってくる。しかし、本来SNSというものはそういうものなのだろうか?この富士通のケースも社内のインフォーマルなシステムから発足している。企業が遊びの部分も認め、インフォーマルにシステムを利用を許す風土がなければSNSの普及も難しいのではないかと思う。最近はmixiも社内の同僚が多くなっているので、うかつなことを書けないということも聞いたことがある。
 最後にFSTの事業部長を務め、社内SNSの開発責任者のコメントが全てではないかと思う。

「なんだ、遊びじゃないかと思われる話題も確かに存在する。ただ、そういう交流を通じて人と人がつながることが大事。何気ないところで価値観が共有できれば人間関係も強くなり、強い会社ができる」と語る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ