そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

ハゲタカ

以前、NHKのドラマで「ハゲカタ」というドラマをやっていました。これは外資系ファンドが日本の企業買収をめぐるドラマです。最初はドラマをみていたのですが、ドラマがとてもおもしろかったので小説も読んでみました。

読んでみたら、小説がとてもおもしろい。ドラマの話と小説とでは話が違います。小説の方が、外資系ファンドの内容が詳しく描かれていると思います。ドラマの方がヒューマン的だと思いました。ただ、ドラマを先に見てしまったので、登場人物がドラマの俳優に思えてしまいます。特に、三葉銀行の中尾彬は、はまっていると思いました。あの、エリマキはしてませんでしたけど。

あらすじ
 外資系ファンド、鷲津雅彦はゴールデンイーグルと呼ばれるバイアウト(企業買収)のプロだ。ニューヨークから日本に帰国し、ホライズンキャピタルを立ち上げ、不良債権を買いあさり、バイアウトを実行していく。目標は日本買収・・・。その裏には彼の個人的な因縁があった。
一方、三葉銀行の芝野健夫は、銀行不良債権処理の担当者。不良債権のバルクセールを実施し、外資系ファンドに安区価格で債権が買い叩かれていく・・・。銀行の上司との折り合い、外資系の不毛な買い叩きに、自分の仕事の限界を感じていく・・・。

ちなみに続編のハゲタカⅡもあります。ドラマはⅠとⅡを折衷したような話になってます。

ハゲタカ(上)
ハゲタカ(上)

posted with amazlet on 07.06.10
真山 仁
講談社 (2006/03/15)
売り上げランキング: 8054
おすすめ度の平均: 4.5

5 面白
4 主人公より芝野の人生に惹かれる
3 先に先に進みたくはなるが・・・

ハゲタカ2(上)
ハゲタカ2(上)

posted with amazlet on 07.06.10
真山 仁
講談社 (2007/03/15)
売り上げランキング: 787
おすすめ度の平均: 4.5

4 かっこいい。
5 前作同様、面白い!
5 禿げたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ