そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

SNSの研究 あなたはまだ「マイミク」のことが好き?

この本は、各ライターがSNSについての記事をそれぞれの視点で書いています。主にmixiのことが多いですが、モバゲータウン、Twitter・Vox・コトノハなどの紹介もあります。また、自分とmixiの関わりの歴史、コミニティの管理やSNSの危険性などについても書かれています。

・代表的な執筆人は以下のとおり
佐々木俊尚氏 原田和英氏 保田隆明氏などなど、この業界で有名な執筆人が名を連ねています。

ここでは最初に執筆されている佐々木氏の「SNSはどこにいくのか」に注目してみよう。

SNSの真価は人間にダイヤグラムにある
佐々木氏は、Yahoo!Japanの井上社長とのインタービューを引用して、「SNSは交換日記と人間関係ダイヤグラムをいっしょにしているが、交換日記と人間ダイヤグラムは異なり、交換日記はSNSのワンオムゼムにすぎない」としています。交換日記はmixiで打ち止めであり、SNSの本当の真価は人間ダイヤグラムにあるのではないでしょうか?その潜在的利用方法はまだまだこれからも利用方法が出てくるのであろう。
例えば、人間ダイヤグラムというインフラは、この人の評価なら信頼できるとか、この人の紹介している商品なら信頼できるというインフラとしても利用できる。この人ならというのが情報の評価を信頼性の高いものにしている。こうしたことをコントロールするものとしてSMO(Social Media Optimization)という考え方も出てきているが、どこまでがコントロールできるかは疑問である。これは今後動向を見守らなければならない。

日本の同心円コミニティが崩壊している
日本のコミニティ帰属意識が薄れている。地域、会社などの帰属意識は薄れていていくばかりである。もともと日本は会社に対する帰属意識が高い社会であったが、80年代からその帰属意識は徐々に薄れていった。いわゆる日本型の家族型の経営が崩壊してきたのである。これは近年のM&Aや成果主義がこうした現象を加速させている。
NHKの「おはようにっぽん」でも紹介されていたが、今、社内SNSを導入する企業が急増している。これもやはり、会社の帰属意識が薄れてきた中で、SNSを活用して社内を活性化させようとしている。従来はネットはネット、リアルはリアルという切り分けがはっきりしていたが、今後は、リアルとネットの境目がわからなくなり、融合していくかたちになるのではないだろうか。それは間違いないだろう。それに対応できない人と、その融合を活用している人での格差というものも出てくるのではないか。

SNSの研究 あなたはまだ「マイミク」のことが好き?

SNSの研究 あなたはまだ「マイミク」のことが好き?

posted with amazlet on 07.07.14

佐々木 俊尚 原田 和英 保田 隆明 齊藤 和生 田口 和裕 平山亜佐子 「シナトラ千代子」管理人 松永 英明 園田 道夫 寺本 秀雄
翔泳社 (2007/06/14)
売り上げランキング: 45658

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ