そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

フューチャリスト宣言

あの梅田望夫さんと茂木健一郎さんの対談本。5月の発売と同時に購入して読んでいたのですが、感想を書いている時がなかったので、やっと落ち着いて書けました。この本の最後には、お二人が大学と中学校で講演した記録が書かれています。私がいくつか興味をひかれた点について、引用をまじえながら感想を述べてみたいと思います。

1.大学の講義

茂木:例えば大学の授業を音声録音して、ネットで公開するなんていうことはいかがですか。
梅田:ヌルいわけですよ。教室というその場において、1時間半、古いフォーマットで講義して、古いフォーマットで録音するわけでしょう。それを公開するというのは、公開のところだけでインターネットの可能性を使っているに過ぎない。そうでなくて、リアルタイムに、ブログとユーチューブとこれから生まれる新しいサービスも組み合わせる。「ここはしゃべろう」と思ったら音声や映像を撮ってユーチューブに上げる。という感じで、一日で教材がドーンとできるわけですよ。それを見る人はどんな時間にも勉強できる。その教材をもとに加工もできる。そうゆうことを1日三~五時間やり続けたら、きっといずれ三万人くらい見に来ると思うんですよ、僕の経験から言うと。大学で講義するエネルギーがあったら、それをやります。

これはまさしく梅田さんの通りだと思います。私も大学で講義をしていますが、ライブで1回講義をして50人から60人に伝える。欠席している学生もいるし、講義と講義の間をつなぐのも大変です。プリントなども紙で配ると、人数分コピーするなどの手間と時間もかかります。何より50人、60人いれば意欲のある学生もいるが、そうでない学生もいる。人間が強烈に知りたい、勉強したいと欲求にかられるときというのは乾いた砂漠のように水を吸収していきます。そうでなければ、いくら水を流しても流しそうめんのようにスルーするだけです。流しそうめんを流しても、きっちり食べられる人とそうでない人がいるなかで、大量にそうめんを流してもそうめんの在庫ができるだけです。

2.個人と組織の関係

茂木:僕はこれからの時代における個人と組織の関係は、所属というメタファーでなくてアフィリエイト(提携)というメタファーでとらえるべきだと思っています。そんなことをある時に思いついて、気が楽なったんですよ。日本人って所属が大事だと考えがちですが、今は個人として屹立するためのインフラがネット上にちゃんとある。昔であれば、例えば梅田さんがコンサルティング会社にいるなら、その組織をバックにものを書いていた。どこどこ会社の誰々です、と説明して初めて個人として信用してもらえる。ところがいまはURL、ブログがあればいい。ネット上のプレゼンスがその個人を支えるインフラ。それを見てもらえればどういう人かわかるから。僕はいろいろな人に「これからは、個人の信用はネットで保証すれば良い。誰が最初にそれに気づくか。それに気づいた人がこれからは輝くよ」と言っています。つまり、ある組織に所属するということで完結している人は、これからは輝かない。
梅田:同感。100%同感(笑)

これは私も100%同感!というか勇気をもらいました。私も昨年からフリーになりましたが、1社だけに自分のリソースを提供するのはもったいない気がするのです。正直、組織で作成した著作物は会社のものですし。勝手にリソースをインターネットで公表することはできない。しかし、今では判断するのは自分で。インターネット上で自分をプレゼンスすることができる。確かに自分も組織にいたら輝けないと思います。それは自分もそうだったように思うのです。今は、会社にいたときよりも楽しい。それが仕事の原動力になっています。

若い世代への期待

茂木:日本発で正解的なパラダイムシフトを確立できるものってありますかね?
梅田:これからはあると思いますね。それは若い世代からしか出ない。サイエンスとかものづくりの世界ならば、上の世代以外からは出ないでしょう。彼らは個々にみると欠点もたくさんあるんだけど、そうゆうことには目をつぶって僕は応援する。

私も若い世代に期待したいです。やはり、ネットは若者が作る創造や文化によって発展すると思います。日本のエスタブリッシュメントな組織がついていけるものではなくなったような気がします。これからはネットネイティブが日本の原動力を支えてもらいたい。ぼくも、その精神を育ててあげたいと思っています。精神を育てると言うとおこがましいのですが、その風土を作る、若い芽を見守ることだと思っています。

フューチャリスト宣言

フューチャリスト宣言

posted with amazlet on 07.07.28

梅田 望夫 茂木 健一郎
筑摩書房 (2007/05/08)
売り上げランキング: 474

おすすめ度の平均: 4.0

3 茂木氏はかなりくせがありますが、面白いです
4 ちくま新書っぽいつくり。
5 本当に良い本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ