そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

消えるサイト、生き残るサイト 宇都雅史

検索エンジンの専門家が語る消えていくサイトと生き残っていくサイト。生き残っていくサイトは「儲けている」サイトだ。そして、消えていくサイトは、

上位表示だけにこだわっているサイト
99%のお客を見過ごしているサイト
数字だけを判断しているサイト
情報を置けば買ってくれると思うサイト
ホームページの設計、デザインだけにこだわっているサイト
欲しい情報を提供していないサイト

だ!

検索エンジンに上位表示されても売上が上がらないサイトはいっぱいある。サイトは上位表示させることが目的ではないはずだ!そして、儲けるサイトは集客のストーリーが出来上がっている。どのキーワードで、どのくらいのお客を集客して、どれくらい売れるのか

この本で一番印象に残ったのが、「集客後の戦略がないサイトが多い」ということだ。集客することは大前提として必要なのだが、来たお客さんにどのようにコミュニケーションして、どうやって買ってもらうのか。そこまで考えて、サイトを運営している人は少ない。

検索エンジンのアルゴリズムは突然変わる。検索エンジンはよりよいHPを選別するために、われわれの想像する以上の努力をしているに違いない。なぜなら、彼らは検索エンジンを利用している人がいなければサイトが成り立たないからである。もう、テクニックだけで上位だけにこだわり上位にのぼることが目的は終わった。 検索エンジンの本質を理解して、自サイトでいかに売上を上げていくか。そうした運営に早く気がついてほしい。

消えるサイト、生き残るサイト 「SEO11の戦術」で、絶対に生き残れ!
宇都 雅史
PHP研究所 (2007/08/02)
売り上げランキング: 216
おすすめ度の平均: 4.0

5 批判するだけではなく、前向き
4 ネットビジネスを行う上で知っておきたい正論
5 読んだだけですごく得をしたような気になる

コメント (2)
  1. うとまさし より:

    消えるサイト~の著者です。

    ご丁寧に書評を書いてくださり、ありがとうございます。m(_ _)m

    今月末に新刊が発売されるのですが
    前著とは違った切り口で魂を込めて執筆しました。(笑)

    一人でも多くの方の
    お役にたてればと思っております!

    突然のコメント、失礼いたしました!!

  2. rilakkuma より:

    うとさん

    コメントありがとうございました。
    著者の方から直接コメントいただけるとうれしいです。
    そして、新刊の発売おめでとうございます。
    また読ませていただきます。

    本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ