そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

リッツカールトンが大切にするサービスを超える瞬間 高野登

唐突ですが、リッツカールトンに泊まるぞリッツカールトンに泊まるぞリッツカールトンに泊まるぞ!と3回唱えてみました。いつか泊まる、絶対泊まる!そうアファメーションで誓うのであった。なぜ、そこまで入れ込んでしまうのか?それは、この「リッツカールトンが大切にするサービスを超える瞬間」を読んだからである。

読めば読むほどリッツカールトンのすばらしさがわかってしまう。著者はリッツカールトン日本支社長の高野登さんです。リッツカールトンといえばクレドが有名です。最近はクレドを導入する企業も多くなっていると聞きますが、大半の企業はうまくいっていないと聞きます。なぜなんでしょうか?それはこの本を読むとわかります。クレドを定着させるヒントがこの本には書いてあります。ただ、真似したってダメなんです。ただ、机にしまっておくのもだめです。従業員がクレドを共有しているか?それが大切なんです。

クレドって何?という人のために簡単にご説明を!

クレドは信条とも言われますが、具体的に言えば「理念や使命、サービス哲学を凝縮した不変の価値観である」と言っています。それを紙にまとめ、従業員ひとりひとりが持っています。そして、その理念、使命、哲学を共有しています。それによって、リッツカールトンのすばらしいサービスが生まれる源になっているのですね。

クレドを導入したい企業には必須の1冊です!クレドの本質をつかもう!!

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間
高野 登
かんき出版 (2005/09/06)
売り上げランキング: 352
おすすめ度の平均: 4.5

5 もう5回は読んでいますね。これから何回も読むのは間違いなし!
5 プロ集団が『プロ』と呼ばれる所以
3 理念の共有と浸透の大切さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ