そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

60分間企業ダントツ化プロジェクト 神田昌典

 わたしも数年前にITコーディネータの資格を取りました。その中でも、経営戦略IT戦略について講義があります。しかし、それを習って中小企業に行っても、「教えてくれて、ありがとう」なんて言われたことはありません。逆にそんなこと言おうものなら、寝ているか、文句を言われるのが関の山です。要は役に立たないってことですよ。

でも、勘違いしないでください。中小企業にこそ戦略は必要なのです。
なぜなら、今の時代に戦略なくして戦うのは竹ヤリで戦うのに等しいからです。
戦略がしっかりとあれば、核弾頭よりも破壊力のある武器を持っているようなものです。
アメリカの有名なコンサルタントであるブライアン・トレーシーはセミナーに来た受講者に聞いたそうです。「この世でもっとも収入がよい職業は何か?」と。みんなは「医者」「弁護士」と答えていたそうですが。。。

本当の答えは、「思考する人」です!わかりますか?

では、神田先生のいう戦略がある会社とは。。。

戦略のある会社は楽して儲かる。中途半端な儲かり方ではない。圧倒的に儲かる。顧客を魅了する会社であるから、売り込みにいかなくても、顧客が行列をなす。自動的に仕事が降ってくるから、毎月の資金繰りを心配することがない。

では、ここで神田先生が言う戦略とは何か4つのポイントを抑えておきましょう。
1.戦略とは選択すること
戦略を持っている会社は、やることとやらないことがはっきりしている
2.戦略は見えない、戦術は見える
戦略はプランであり、戦術はそのプランを効果的にする武器である
3.予測力である
攻めるときに攻めて、引くときに引く。その予測力が大切。
4.圧倒的な強さ
戦略はパラダイムシフトであり、短期間に業界地図を塗り替えてしまう。

この本は戦略構築の具体的な方法が書かれています。その名もスター戦略構築法です。戦略を多面的(商品、顧客、競合、タイミング、メッセージ)に、短時間で構築することができるのです。しかも、グループのコンセンサスも得ることができます。
本当にそんなことができるのか?他の人にできることは自分もできる!(これは自分も含めてね)

 

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法

 

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法

posted with amazlet on 07.11.14

神田 昌典
ダイヤモンド社 (2002/12/07)
売り上げランキング: 599

 

おすすめ度の平均: 4.5

5 経営戦略についてカンタンに分かりやすく解説してくれている。
5 目からウロコものです!
5 最高の経営本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ