そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

亜玖夢博士の経済入門 橘玲

相談無料。地獄を見たら亜玖夢へ」そんなチラシにピンときたら、新宿の亜玖夢研究所にいってみよう。この本は、オムニバス形式で送る1話1理論の経済理論入門書です。人々はいろいろな悩みを抱えています。借金、ヤクザの構想、いじめ、マルチ商法、自分探し。それを見事に亜玖夢先生が解決(?)していきます。(実際に行動しているのはリンレイという中国人ですが・・・)

行動経済学
多重債務者に行動経済学を教える。0円から1万円に増えると幸福は100ポイント増えるが、一億円から1万円が増えても幸福はほとんど増えない。また、0円からマイナス1万円になると幸福は-200ポイントになる。借金は怖いよね。

ゲーム理論
ヤクザの抗争を巻き起こした人に、ゲーム理論を教える。ここでは囚人のジレンマについて説明している。囚人のジレンマは「個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならない状況の例」としてよく持ち出される。

ネットワーク理論
学校でいじめにあう男の子にネットワーク理論を教える。
地球には66億人を超える人間が暮らしている。これは巨大なネットワークだが、すべての人はわずか5人か6人を間に挟んでつながっている。地球は小さい世界である。
これはスモール・ワールド現象と言われ、「知り合い関係を芋蔓式に辿っていけば比較的簡単に世界中の誰にでもいきつく」というものである。ミルグラムの実験が有名である。「六次の隔たり」とも言ったりする。

社会心理学
マルチ商法に来た営業マンに社会心理学を教える。社会学者、ロバートチャルディーニは他人の与える様々な心理的手法として「権威」「社会的証明」「希少性」「コミットメントと一貫性」「返報性」などを紹介した。
ロバートチャルディーニの「影響力の武器」という本はオススメです。

ゲーテルの不完全性定理
自分探しをするため家出した少女に、不完全性定理を教える。これは自己言及のパラドックスと深い関係がある。
「わたしってウソつき」とウソつきの女の子が言った。
女の子は嘘つきと言ってしているが、女の子が嘘つきならば「嘘つき」ということも嘘になってしまう。発言自体が嘘ならば女の子は正直者ということになり、嘘をついた女の子と自己矛盾してしまう。これをパラドックスと言っている。

これらの話は小説として話が展開していきます。しかし、話がブラックです。特にリンレイという中国人(博士の助手)と中華料理店の陳さんがいい味を出しています。個人的には好きなキャラです。

 

亜玖夢博士の経済入門

 

亜玖夢博士の経済入門

posted with amazlet on 07.12.14

橘 玲
文藝春秋 (2007/11/28)
売り上げランキング: 80

 

おすすめ度の平均: 4.0

5 知的刺激がある本
4 きれいにまとまっています
4 さすがの安定度です

コメント (2)
  1. ヒョウ より:

    先日、リラックマさんの書評を見て、本屋でチェックしてきました。ざっと目を通したら(おい、おい)、これは「買い」と思い、アマゾンに注文しました。
    この本のすごいのは、理論を(ブラック)ユーモアで紹介しているところです。おそるべし。
    リラックマさん、ありがとう。

  2. rilakkuma より:

    ヒョウさんコメントありがとうございます!

    気に入ってもらえてうれしいです。
    少々ブラック気味ですが、なかなかポイントをおさえて物語にしているところがおもしろいですよね。

    社会心理学で出てきた「影響力の武器」もオススメですよ。よかったら読んでみてください。(こちらは真面目な本ですけどね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ