そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

アインシュタイン150の言葉

 ジーニアス・コードにもある天才を借りるというモデリング。実際に「アインシュタインになったら、どうなるんだろう」と思いつつ実際にやったことはない。だって、アインシュタインってどんな人なのか想像できないから。というわけでアインシュタイン150の言葉を読んで、彼のイメージを一つでも想像できるようにしよう。

ここではアインシュタイン150の言葉から、私が気に入った言葉を厳選して書いてみました。

わたしには、特殊な才能はありません。ただ、熱狂的な好奇心があるだけです。

わたしは、1日100回は、自分に言い聞かせます。わたしの精神的ならびに物質的生活は、他者の労働の上に成り立っているということを。

自分自身の、そして他の人々の人生に意味を見出せない人は、単に不幸であるばかりでなく、生きるのに向いていないと言えましょう。

常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

どうして、自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか。

わたしに畏敬の念を抱かせるものはふたつ。星がちりばめられた空と内なる倫理的宇宙。

人間の真の価値は、おもに、自己からの解放の度合いによって決まる。

過去、現在、未来の区別は、どんなに言い張っても、単なる幻想である。

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。

想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。

賞賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。人は、立ち止まって賞賛に耳を傾けがちであるが、唯一なすべきは、賞賛から見をそらし、仕事を続けること。それ以外の方法はない。

これからの言葉を見ていくと。。。アインシュタインも普通の人じゃん!と思えてしまう。アインシュタインはどちらかというと偏狭的な人というイメージが強かったのですが、残された言葉はすばらしいものがあると思います。そして、いたって普通の言葉でした。それだけに重みがあります。

ちょっとアインシュタインのイメージが変わりました。

アインシュタイン150の言葉

アインシュタイン150の言葉

posted with amazlet on 07.12.24

ジェリー メイヤー;ジョン・P. ホームズ
ディスカヴァー・トゥエンティワン (1997/03/31)
売り上げランキング: 2162

おすすめ度の平均: 4.0

5 アインシュタインの哲学
5 相対性理論はわからなくても
5 知性の至りうる場所とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ