そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

運命の仕事に出会う本 和田裕美

本は和田裕美さんところの紺野さんよりいだきました。感謝です。

和田裕美さんの本を始めて読んだのは、当時同棲していた彼女がベットに和田先生(以下、和田さんで失礼します)の本を置いていたのがきっかけでした。(今は別れましたけど^^;)たしか、本のタイトルは「人に好かれる話し方」だっとと思います。

朝の寝起きに、本をペラペラと読んで、(当時はフォトリなんて知らない)「こんなきれいなお姉さまが話し方の本か・・・」と思っていました。
私、当時は心がやさぐれておりました。前の会社が忙しくて、自分の仕事が思うようにこなせずに心の余裕がなったのです。そのため、「どうせ、自己啓発の本なんか読んでもな・・・」という意識が強かったのです。(和田さんすいません!)

二年経ちフリーで働くようになって自己投資を始めました。昨年はフォトリとかNLPとかいろいろやりました。少しずつ心も変わりました。そして、「運命の仕事に出会う本」をいただきました。これも何かの縁でしょう。

わたしとしては和田さん=営業というイメージが強かったのですが、この本を読んで少し変わりました。似ている本といえば、本田健さんの「ライフワークで豊かに生きる」が似ていると思います。ただし、本田健さんはニューロロジカルレベル*の上から変化させるような本ですが、和田さんは下から変化していくような感じです。どちらがよいというわけではないですが、和田さんの語りかける文章には思わずうなずいてしまうことも多いです。癒されながら、自己啓発を読めるというのはすごく新しい感じがしました。(外人さんの本は、イケイケどんどんみたいな本が多いので)

この本の中では和田さんの過去の職業体験から、自己の変化や和田さんが関わってきた人たちの変化が見て取れます。この本を読んでいると「英雄の旅(ヒーローズ・ジャーニー)」を思い出します。英雄の旅とは人間が人生を歩んでいくときに一定のパターンがあるといいます。
それは、

天命を受ける旅の始まり敵が現れるメンター登場悪魔変容課題完了故郷に帰る

というものですが、和田さんが体験してきたものと和田さんが関わってきた人々にも当てはまるんだなと思うことです。この本を読んでいくと、英雄の旅でこの人は「この辺なんだろうな」ということがわかります。

昨年からわたしが思っていることは、「人間は変われるんだ!」ということを強く実感しています。
そして、わたしもステキな「わくわく」に出会えたら、きっとよいライフワークにできると思う今日このごろです。
この本は、和田さんのサイン入り本です。我が家の家宝とさせていただきます。

*ニューロロジカルレベルとは
意識の5段階と呼ばれ、下から上に「環境」「行動」「能力」「信念・価値観」「自己認識」によって人の意識が変わるというもの。

和田裕美の運命の仕事に出会う本

和田裕美の運命の仕事に出会う本

posted with amazlet on 08.01.12

和田 裕美
大和書房 (2006/04/20)
売り上げランキング: 99894

おすすめ度の平均: 4.0

3 勇気をくれた本
4 今の自分を考える
4 折り合いを学ぶ本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ