そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

経済は感情で動く マッテオ・モッテルリーニ

さて、いきなり問題です。

A 5千円が8割の確率でもらえる。
B 5万円が1割の確率でもらえる。

あなたならどちらを選ぶ?

では、聞き方を変えます。

AとBに金額をつけてみると、どちらの方を高く見積ますか?

ここで期待値を計算すると・・・。

A 5,000円×0.8 = 4,000円
B 50,000円×0.1 = 5,000円

となり、Bの方が高いのです。

しかし・・・。

ほとんどの人がAを選ぶ。

これは「選好の逆転」といって、どちらにするかの選択は勝算の確率に高い相関関係が認められたというものである。

行動ファイナンス理論では、「目先の利益に目がくらみ、将来の大きな利益に目がいかない」ことを「選好の時間的な逆転」といっている。

つまり、人間は合理的には動いていない、感情や心理に大きく左右されることが多いのである。その経済に心理学を持ち込んだものが行動経済学である。

この本は事例が豊富にあって、おもしろく読める!読んでいると「へぇー」「ほー」って勝手に言っています。ページの途中からでも無理なく読めるのがいいですね。

最後通牒のゲーム
 あなたはプレイヤーAだとする。あなたに100万ドルが与えられる。
 これを未知のプレイヤーBと分けあわなければならない。
 あなたがBに分け前を与えるのだ。
 ゲームのルールと立場はお互いが知っている。Bはお金を受け取る立場であるが、受け取りたければ受け取れるが、拒否することもできる。
 
 しかし、Bが受け取りを拒否した場合は、プレイヤーAも最初のお金を没収される。

 さて、いくら渡しますか?

これはゲームの理論で考えると、・・・ですが。

実際に実験を行うと、プレイヤーAの50%は・・・を渡すそうです。

(・・・はコメントでみれるよ!)

ゲーム理論と実験の違いを、この本では指摘しています。

経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
マッテオ モッテルリーニ
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 76
おすすめ度の平均: 4.0

4 実践的行動心理学
5 読み物としても最高に面白い経済理論本
4 経済は感情で動く
4 行動経済学の入門書
3 翻訳がヘタクソ!

コメント (1)
  1. rilakkuma より:

     ゲーム理論では、プレイヤーBはどんな少ない金額でも受け取るはずである。1ドルでも受け取るのである。主導権はプレイヤーAが持っており、プレイヤーBは拒否すれば何ももらえない。何もないよりはマシだからである。

     しかし、実際の実験ではプレイヤーA役は、50%の人が半分をプレイヤーBに与えている。

     みんないい人や~(*^。^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ