そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

コア・トランスフォーメーション ベーシック2日目

コア・トランスフォーメーションの2日目です。

2日目は「知覚ポジションを設定する」(アライニング・パーセプチュアル・ポジションズ)のワークをやりました。

この知覚ポジションの設定は、NLPのポジションチェンジに似ているワークです。この知覚ポジションの設定も「観察者」「自分」「相手」と3つの状態に入るのです。

それが一つ一つの立場でやる作業がかなり細かい。自分と相手の位置や、聞こえる声の位置、感じる体の部分を一つ一つの立場で洗い出して生きます。その洗い出したものに対してアライメントをしていきます。
例えば、声が頭の上から聞こえてきたときは自分に耳から聞こえるように調整していきます。

これを観察者→自分→相手と順番にワークをしていきます。最初に観察者の立場をやるのは、十分にニュートラルのポジションを確保することです。

この知覚ポジションの設定をやる目的は、それぞれの立場を身につけて他の立場の知覚が混じっていない純粋な知覚を体験することである。

つまり、その立場に立ったときに他の影響を受けないで、自己と他人に対する尊敬が深まり、リソースが増すというものだ。

これをやると、驚くほど自分の感覚が変わる。最初に見ていたイメージとぜんぜん変わってしまっている。その変化に驚かされた。

あまり時間がなかったので、最後の相手の立場のときは全員でいっしょのワークだった。でも、1回は自分でやってみようと思う。

本日はコアトランスフォーメーションの訳者である穂積さんもオブザーバーで参加されていたので、タマラさんと穂積さんにサインをもらってしまった。

それがこれ↓ ミーハーになってもうた!

コア・トランスフォメーション

 

コア・トランスフォーメーション:癒しと自己変革のための10のステップ

 

コア・トランスフォーメーション:癒しと自己変革のための10のステップ

posted with amazlet at 08.08.09

コニリー・アンドレアス&タマラ・アンドレアス
春秋社
売り上げランキング: 10836

 

おすすめ度の平均: 4.0

5 コアステートを実感できるかが鍵
5 NLPを超え、セラピーにとどめを刺す!
1 何度試してもうまくいった試しがない
2 だからどうなの?
4 NLPを正しく知りたい人へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ