そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

西田文郎 特別講演 in 名古屋

 今までいきたいと思ってもなかなかいけないセミナーがありました。日程の関係などいろいろあっていけなかったわけです。

それが今日実現しました。平成の吉田松陰こと西田文郎先生の講演です。
西田先生はずっとブレイントレーニングを行ってきた方で、スポーツ選手や経営者、学生などにもずっと指導をなさってきた方です。

特にスポーツ選手はビックな選手に数多く指導してきた経験が多く、元巨人の桑田投手。サッカー日本代表の鈴木啓太選手など様々な選手をトレーニングしてきました。

そして、最近では北京オリンピックの女子ソフトボールをずっと指導なさっていました。そして、女子ソフトボールは待望の金メダルを取れたのです。すばらしいです。ソフトボールが金メダルを取れたのは西田先生のおかげです。(西田先生はマスコミ嫌いらしいのでマスコミには出ないらしいです。)

西田先生はソフトボール選手に、北京に行く前にDVDを渡したそうです。そして、試合の前にDVDを見ろと。そして、そのDVDをセミナーでみせてくれました。

それをみて・・・

号泣!(T_T)

涙がこぼれるまで泣きました。

そのDVDがどんなDVDかは秘密!(^^♪(知りたい人はコメントしてね)

今回のセミナーでは西田先生から脳の仕組みと六法拝を教えていただきました。六法拝は、東西南北天地を拝んで感謝するものです。

東:両親に
西:家族に
南:恩師
北:友人・知人
天:自然の空・宇宙に
地:自然の大地・海

これを紙に書いて毎朝感謝です。

そして、先生は女子ソフトボールの選手には今までお世話になった人10人に会いにいって、感謝を述べなさいと指示したそうです。

それと、ソフトボールとどのような関係があるのか?

いや直接的な関係はないでしょう。でもソフトボールはチームで戦う競技です。チームが同じ信念、価値観や理念を共有すればチームとしての力は何倍にも膨れ上がります。

野球の星野JAPANは能力としては世界最強かもしれません。でも、チームとして同じ信念を共有したいたのでしょうか?

今回、陸上の400mリレーで日本が銅メダルをとりました。競合国のアメリカなどはバトンを落として決勝に出られませんでした。

日本の選手は4人いつでも行動をともにしていたそうです。グランドでアップするときでも4人で。それが同じ信念、価値観を共有していくのです。同じ釜の飯を食い、同じグラウンドで練習する。今回はそのチーム力が結果に結びついたと思います。

自分が生きているのは、家族、配偶者、子供、友人・知人やその他の人のおかげだということを認識しなければいけないと西田先生はおっしゃっていました。その意味が琴線に触れました。

そして、例のミーハーなお願いを聞いてもらいました。本にサイン!西田先生ありがとうございました。
西田文朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ