そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

勝間和代の日本を変えよう 勝間和代

「人は、自分の幸福だけを追求していては、幸福になれない。

自分以外のことへと関心を向けることが幸福の秘訣」

と哲学者のバートランドラッセルは言っています。

勝間さんもこれには激しく同意といっていますし、わたしもそう思います。

この本は、勝間さんが本気で日本を変えたい!という想いが伝わりました。

そのために自分が何ができるのか?それをひたすら考え続けた本だと思います。

この本の章立て

第1章 若い人が暗い国
第2章 西原理恵子さんと、最強のワーキングマザー対談
第3章 女性が産める、働ける国へ
第4章 雨宮処凛さんと、脱ワーキングプア対談
第5章 NYで考えたポスト資本主義

現在の若者は未来に悲観的であり、40代から後半の人は日本は時期によくなると楽観的であるといいます。

確かに、不況をずっと経験してきた若者と、バブルの時代を味わった40代から後半では考え方も違ってしょうがないかなとも思います。

わたしも思うに、未来は悲観的でもないし、楽観的でもないと思います。そもそも悲観的や楽観的というのは自分の主観が大きく創っていると思うのです。

周りは不況だといっても、大きく事業を拡大している人もいます。

ただひとつ確かなことは、大きな時代の変化が起こっているということです。それを感じて変化していけるのか、そうでないかで悲観も楽観も別れてくるのだと思います。

じゃ、それは自己責任だから格差で差のついた弱者に手を差し伸べなくていいのかというわけではありません。

よくニートになるとか年収が低いのは自己責任だからとかいう意見があります。一方、勝ち組みは汚いことでお金を儲けているという意見もあります。

確かに格差はつきましたが、相手の立場もわからず一方の視点からだけ主張するのは違うと思うのです。

勝ち組はリーダーとなり社会をよりよく変えていく義務があると思うのです。欧州ではノブレス・オブリージュといっています。(高貴な義務)

そして、下層であっても自助努力が必要なことはあります。自分で今なにができるだろうか?お金がなくても自助努力できることはあると思うのです。

最後に勝間さんは、ポスト資本主義についても書いています。

ポスト資本主義はこれからどうなるのかまだわかりません。

どんな社会構造に変わっていくのか?

ただ、その変化の波が来ていることは確実です。これは日本だけの課題ではなく世界を巻き込んだ課題でしょう。

最後に。。。

個人的には西原さんのマンガがおもしろかった。
昔から西原さんのマンガ好きだったんです。

西原マンガのセリフ抜粋↓
西原「勝間ほんまは男選びのグーグル化が一番必要ちゃうんかっ

勝間「あんたみたいに最初からババつかんでる人といっしょにしないでちょうだい

西原「勝間、世間ではな、できんフリして男を踏んで上手に段階を登るんもおるんやで

勝間「正面から行って何が悪い!

西原「いえ別にさぞや風が強うにあたるかなって

西原「だからこんな丈夫な体に

勝間「いかついのは生まれつきっ。あんたこそぶよぶよっ

西原「すべてが脂肪よ43年間もなまけて作った体よ

西原「次は嫁をもらえ

勝間「あんたは人をもらえ

本当にそんな会話があったかどうかは不明です!マジで嫁にいく男とかいたりして・・・ヒモ?

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

posted with amazlet at 08.10.23

勝間 和代
毎日新聞社
売り上げランキング: 241

おすすめ度の平均: 4.0

5 女性は二流市民
2 はっけよい、のこった
3 女性を「こき使う戦略」大賛成だが・・・
4 複雑な世の中、何が正しいかはわからない。だから
5 未来の日本は、私達のあり方で変革することができそうな気がしてきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ