そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

お金の教養 泉正人

 泉正人さんは、お金の学校である日本ファイナンシャルアカデミー(http://www.f-academy.jp/)を運営するお金のスペシャリストであります。
 その泉さんがお金の教養について、語っている本です。「金持ち父さん、貧乏父さん」「バビロンの大富豪」にも書かれていることですが、こちらの本の方がわかりやすく、日本人には具体的であるといいます。

それでは、この本のなかで書かれていること↓

1.お金についての考え方
 日本人は「お金の正しい扱い方」を誰からも教わってこなかった。
 大切なことは、ダイエットと同じで1日や1週間ではお金は貯まらないということ。それを習慣化にしないといけない。
 お金の習慣を変えるだけで、お金の問題は解決していく。

2.お金を貯めるルール
 2割貯金のルール!
 ・収入の2割を貯金。
 ・収入の6割を生活費。
 ・収入の2割を自己投資。
 
 そして、「お金の地図」としての家計簿づくりが大切である。
 使途不明金が増えていくと、段々とお金の生活習慣病にかかっていく。

3.お金の使い方
 何が浪費で何が投資か考えてみる。
 ・買ったものが、払った金額以上の価値がある → 投資
 ・買ったものが、払った金額と同等の価値がある → 消費
 ・買ったものが、払った金額以下の価値である。 → 浪費

 まずは浪費を減らして、投資を増やすことである。
 これは、お金だけでなく「時間」にも言えることである。
 
 無駄な出費を減らす方法
 ・欲しいものをみつけたときは、メモに書いて1週間待ってみる。
 ・1週間待って、欲しいときは買う。欲しい気持ちがないときはやめる。

4.お金の稼ぎ方
 ビジネスでのお金の流れを知ることで、お金を稼ぐ能力はもっと高められる。
 そして、稼ぐノウハウは本からでも学ぶことができる。
 
5.お金の増やし方
 資産運用とは、自分のお金に働いてもらい、お金を運んできてもらうことである。
 お金を運用するスキルのない人がリスクなのであって、投資運用がリスクなのではない。
 4つのステージを投資を考える
 ・ステージ1:まずは自分に投資をする
 ・ステージ2:得意分野をみつける
 ・ステージ3:得意なところに集中投資する
 ・ステージ4:資産を分散する

6.お金の維持管理
 一番簡単にお金を維持する方法は、まずは「収入以上のお金を使わない」というルールを徹底させることである。
 
 収入にはフロー収入とストック収入がある。
 フロー収入:毎月働いて、毎月入ってくる収入
 ストック収入:労働に関係なく、資産から入ってくる収入
 
 フロー収入で資産を買い、資産から入るストック収入でほしいものを買う

7.お金を与えること
 与えれば与えるほど、その人に多くの情報が入ってくる。

わたしも最近記帳することをサボっていました。(反省)
これからきちっとやります。
まずはそこから、実践することが大切!!やるぞ!

お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」
泉 正人
大和書房
売り上げランキング: 265
おすすめ度の平均: 3.5

3 目新しいものはない。
5 実践の中でこそ見に付くものが「教養」
1 教養って。
1 教養なんて大げさ
5 読む順番を間違えたら失望する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ