そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

使える心理学 週間ダイヤモンド

寒くなってきましたね。夜などは足元が冷え込んできました。

週間ダイヤモンドの「使える心理学」の特集です。

大前研一さんと神田昌典さんのコンビ執筆です。確か、営業の特集のときも同じコンビだったと思うのですが。。。

内容としては、

・TA(交流分析)理論
・ザイアンス効果
・心理学の体系
・性格診断ビックファイブ理論
・血液型性格診断ブームの実態は?
・ビジネス・営業の心理ノウハウ

などが掲載されています。

1.血液型性格診断ブームの実態は?

ここで、「血液型性格診断ブームの実態は?」のなかで血液型による性格の違いはマインドコントールであることを強調しています。

聖徳大学人文学部の山岡重行講師が行った調査によると、1365人の大学生をもとに、自分の性格が28項目の性格それぞれにどの程度当てはまるかを質問した。

同時に各学生が、テレビ番組の血液型性格診断を見て楽しんだどうかも聞いている。

その結果、テレビ番組を見て楽しんだ層は、血液型による差が12項目でみられたが、テレビ番組を見なかった、あるいは見たがつまらないと感じた層では血液型による違いがまったく見られなかった。

血液型診断にはバーナム効果が働いているようだ。

私も血液型診断は気にしていないが、ビジネスの場面であの人はA型だから、B型だからとか言われたら、たまったものではない。

または、血液型がわかるとその先入観でその人を判断してしまう弊害も大きいだろう。

2.ビジネスで心理学を使うことの危惧

また、特集で神田昌典さんがビジネスで心理学を使うことでの危惧をしています。

以下、抜粋↓

心理学の知識を顧客のために使うのであればいいが、自分あるいは企業の利潤を上げるためだけに使うというのは、心理学的知識の誤用であり、非常に危険でもある。
心理学テクニックは使う者の倫理観が厳しく問われる。

自分がよかれと思ってやっていること、会社にとってよかれと思ってやっていること、ダイレクトマーケティングの常識だと思ってやっていること。その結果、必要のないものを大量に購入して後悔する顧客を生んでいる可能性もある。それは企業にとっても危険なのである。

3.成功者の告白にもある桃太郎理論

桃太郎理論
会社やプロジェクトの成長により、役者が異なる。

起業家タイプ:桃太郎
とにかくアイディアを出しまくり、人の意見を聞かずにしゃべり続ける。
言うことがコロコロ変わる。混乱が大好きで1度できたものをひっくり返す。

実務家:犬
魔法のように起業家の夢を実現する。現実に結果を出すことを重視。日常的に業務をスムーズに回すことに戦心しているので、まとめ役とは宿敵同士。

管理者:猿
混乱が大嫌い。すべては規則どおりに動き、予測できる日常を愛す。数字に細かく、口うるさい。

まとめ役:キジ
政治家タイプ。宴会要員タイプ。根回しをして、誰もが納得することを行う。この人がいないと社内が分裂することもある。

ビジネスでも心理学を使うことが多くなってくるが、人を操ろうとするといつか自分にしっぺ返しが来るようになると思う。

週刊 ダイヤモンド 2008年 11/8号 [雑誌]

週刊 ダイヤモンド 2008年 11/8号 [雑誌]

posted with amazlet at 08.11.05

ダイヤモンド社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ