そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

御社のホームページがダメな理由 竹内謙礼

売上がドカンと上がるキャッチコピー」の竹内さんが今年出版された本です。
印象としては、物販サイトを意識して書かれているようにも思いました。

広い意味でのBtoBサイトやサイト内で完結しないサービス業には当てはまらないこともあるかと思います。

この本の趣旨はこんな感じです。↓

1.とにかくお金をかけなければ集客できない

 現在のホームページで集客を考えるときに広告費用は必要である。この本の主張は、まったくお金をかけないで効率的にサイトを運営していくか、大きく広告費をかけていっきに集客をかけるのかどちらかであるといっている。
 
 最近は、検索連動型広告も単価が高くなり費用としては年々高騰するばかりである。

 もし、広告にお金をかけるならば、最初は少ない予算で費用対効果を測りながら始めて欲しい。
 そして、どのようなキーワードで、どのようなページからコンバージョンが発生するのかが十分にわかったら費用を上げていこう!

 ちなみに、この本ではSEOはあまり奨励されていない。
SEOはもっとも効率の悪い方法であるとバッサリである。
 
 まぁ、わたしはそう思わないが。。。

 でも、キーワードで1位になっても売れるかどうかは分からない。売れないキーワードで1位になってもしょうがないのである。
 
 キーワードの選定はとても大切である。

2.ネットで売れるもの売れないもの

これはあくまでこの本にかかれているものです。

ネットで売れるもの
・本・DVD・
・ブランド物
・オーダーメイド物
・お酒
・ホビー・玩具

ネットで売れないもの
・雑貨
・食品
・化粧品/健康食品
・スポーツ用品
・アパレル

3.人材は働いているか?

 もともとネット販売は大変な作業が多い。

 受注の確認メールは迅速に送らないといけない。さらに、発送メールやサンキュウメール、クレームメールなど対応しなければならないメールが多い。
 さらに、配送伝票や納品書、梱包なども属人的な要素も多い。

 これらの作業はある程度まとまってやるならシステム化することもできるが、受注が少ないときは、システム化する費用が圧迫してしまうだろう。

 しかも、この作業を効率化しても売上が上がるわけではない。
 もちろん、システム化して空いた時間にマーケティングを考えることも考えられる。
 そもそも梱包の要員が戦略的にマーケティングを考えられるというわけではない。それはもともと違う人材である。

 外注化するにしても気をつけたいことがある。ホームページ制作業とコンサル業、システム開発業はまったく役割が違う。
 
 だから、ホームページ制作業に「売上が上がらない」というのをボヤいてもそれはお門違いというものである。

ホームページはあくまで売上を上げるツールである。
最近、思うのはマーケティングの一部であってホームページありきではないのである。

だから、マーケティング戦略がないのにホームページを作成しても、何をどうすればいいのかわからない。

ホームページでバリバリ売上を上げていきたいのか、それとも小額の予算でお店に人を集められればいいのか。それは戦略が決めることである。

戦略がないホームページほど哀れなものはない。

御社のホームページがダメな理由―98%は死んでいる
竹内 謙礼
中経出版
売り上げランキング: 52757
おすすめ度の平均: 3.5

1 コンサルは否定するのが仕事かな?
5 これは、踏み絵です。
1 中身のない本
5 リアルな話
4 的を射た内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ