そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

SEO・SEMを考える

ちょっとネット広告の勉強をしてみた!!

1.検索ワードの変化

 オランダのonestat.comという調査会社によると、単ワードでの検索は減少しているということだ。2007年10月のデータによると、単ワードよりも2~3ワードで検索するユーザは4倍近いという結果が出ている。
 
 このデータからわかることは、最近のユーザは自分の求める情報に短時間に到達しようとする傾向があり、複数ワードを入力していると思われる。

 以前のようにビックキーワードだけで集客を集めるということだけでは、成約率につながらないようだ。

2.行動ターゲッティング広告とは?

 行動ターゲッティング広告とは、Webでの行動履歴や検索履歴を利用して、ユーザに最適な広告を配信する手法である。

 この行動ターゲティングの目的は、潜在顧客を顕在顧客に変えることである。

 SEMは、100人お店にきた人のうち3人買うところを10人にするのがSEMである。そして、行動ターゲティングは100人来る人を110人に伸ばすのが行動ターゲティングである。

 しかも、その広告はその商品やサービスに興味がありそうな人だけに配信できるのである。

行動ターゲッティング広告も3種類がある。

・ビヘイビアターゲッティング
 過去のユーザの行動履歴によって興味・関心を推測し、適切な広告を配信する。

・リターゲティング
 自サイトを過去に訪問したことのあるユーザのみ広告を配信する。自社に何らかの興味を持ったユーザにアプローチできる。

・サーチリターゲティング
 自サイトを過去に検索エンジンで訪問したユーザに対して広告を配信する。

この3種によって活用方法が違うようである。

 この行動ターゲティング広告は、インタレストマッチhttp://ov.yahoo.co.jp/service/int/、マイクロアドhttp://www.microad.jp/などがやっています。

これからはSEO・SEMだけでなく行動ターゲティングが大きな広告の波となりそうだ。

Web Site Expert #20
Web Site Expert #20

posted with amazlet at 08.12.07
技術評論社
売り上げランキング: 40608

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ