そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

非モテ!男性受難の時代 三浦展

こんにちは、くまさんです。

久しぶりに書評です。消費者社会研究家、マーケティングアナリストの三浦展さんの本です。

本の趣旨としては、ダメ男が増え、さらに女性の結婚基準が厳しくなったというものである。

おもしろかったのは、女性が男性を選ぶ基準が三低になっているということである。

三低とは。。。

1.低姿勢:女性に対して威張らない

2.低依存:家事や身の回りのことを妻に頼らない

3.低リスク:リストラや事故・事件に巻き込まれる可能性の少ない職業

以前は三高がモテる条件であった。それでは今は三高ではないのかといわれるとそうではなく、三高にさらに三低が加わったというのが正しらしい。

そして、男性はその基準を横目でみてあきらかに引いている。

そのため、趣味にお金をつぎ込み、女性には関心がないよーとポーズをとっているのである。(本当は関心があるが、フリをしているのである。)

そして、現在の男性の基準はSMAPがつくったというのである。

歌も歌う。俳優として演技もできる。バラエティの司会やトークもおもしろい。コントのようなお笑いもできる。

女性を楽しませるうえでは完璧である。

確かにSMAPと比べられたら困るよね。

確かに男としては、「はぁ・・・」とため息が出るような内容であるが。。。

モテるように男を磨くしかないのか。

がんばろうっと!(少し前向きになってみた)

非モテ!―男性受難の時代 (文春新書)
三浦 展
文藝春秋
売り上げランキング: 1472
おすすめ度の平均: 3.0

3 ちょっとがっかり。

コメント (2)
  1. masdaです より:

    低姿勢・低依存・低リスクですか、なかなか難しいですね!

  2. rilakkuma より:

    masdaさんコメントありがとうございます

    いやー、本当に難しいですね~。

    大変っす^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ