そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

ビジネスでアイディアを出すならニーモシネ

大切なことを、自分の代わりに覚えておいてもらう」というコンセプトで開発されたのがニーモシネというノートです。

そもそもMnemosyne(ニーモシネ)という言葉は、ギリシャ神話に登場する記憶の女神、「Mnemosyne(ムネモシュネ)」からきているということです。

ニーモシネも言いにくいですが、ムネモシュネはもっと言いにくいですね。^^;

さて、わたしはこのニーモシネでマインドマップを書いているわけですが、このニーモシネを使うには理由があります。

ニーモシネを使う3つの理由

1.書いた感触がたまらなく良い

書くときの手応えや快感を感じてもらうために、「最も書き味がいい」という80グラムの紙が採用されています。
そして、何よりもまず紙をさわってもらいたいのです。すべすべな感触は触るだけで癒されMAX。
ペンでの書き味もすべるようになめらかに書けるのです。

2.書いた後に切り取ってファイリングしやすい
切り取ったあとにファイリングしやすいように、上部には2穴パンチを合わせる中心点に印を入れています。
タイトルや日付欄を多めに取り、ファイリングしてからも見直しやすいように配慮されています。
書いてすぐその場で整理できるのは大変うれしいですね。

3.デザイン性のよさ
黒い表紙に金色文字のMnemosyne(ニーモシネ)の文字はかえって目立つものです。
研修や講演会などをニーモシネでマインドマップにしていくのです。
ノートをかばんから取り出すと必ず隣の人からこのノートのことを聞かれます。
そのときに紙の感触などを触ってもらうと必ずいいます。
気持ちいい!!

Mnemosyne(ニーモシネ)はマインドマッパーにはぜひ使ってもらいたいですね。

マインドマップ以外でもブレストなどアイディア出しには有効だと思います。

ニーモシネがamazonでも買えるようになりました。↓
わたしは常に3冊ほどストックしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ