そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

Twitter社会論 津田大介

tudaる」という言葉を生み出したジャーナリスト津田大介さんの本です。

東京の本屋を回ったときも、ツイッターフェアでは一番目立っていた本でした。

tudaる」とは、審議会やシンポジウムを中継するようにツイッターに投稿していくことをいいます。
140文字でリアルタイム中継するということはすごく大変なことですね。
本書ではtudaるという技術について、公開してくれています。

1.文字数を節約する
「です」「ます」よりも字数を節約した「~だ」というような言い切りの方が効率がよい。

2.「つまり」、「要するに」を待つ
すべての言葉をリアルタイムに投稿することはできないので、発言者の「つまり」「要するに」を待つことが大切です。

3.配布資料はあらかじめ目を通しておく
あらかじめどんな話になるのかを、配布資料をみることで予測しておきましょう。

4.おいしい発言を見逃すな
おいしい発言を見逃さず、傾聴に値する発言を見逃さないこと。

わたし、セミナーに参加することが多いのですが、tudaる技術はツイッターに投稿しないまでも参考になることばかりです。

セミナーでは中ダレしてしまうことも、tudaる技術を意識するば、ポイントとなる発言を見逃さないことが大切ですね。

その他、タイトルの通りジャーナリズム、政治、ビジネスでの活用事例などが記述されています。

最後には勝間さんとの対談も収録されています。ここで勝間さんが「初期インターネット」と言っていますが、現在のツイッターは30代の男性が多いようです。

キャズム越えには、ツイッター専用端末のようなものが必要になるのでしょうか。

スマートフォンのようなものがツイッターの伝播を大きく変えていくではないかな。

iPhoneなのかAndroidなのかは今年の春ぐらいから激しい火花をちらした戦いになるのでしょう。

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
津田 大介
洋泉社
売り上げランキング: 192
おすすめ度の平均: 4.5

4 日本での“Twitter”の広がり感を実感するにはうってつけ
4 Twitterの生い立ちから09年末までの動向がわかる
5 一気に読みきれ!
4 twitterの入門?中級者向き
3 twitterの可能性、社会的インパクトを考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ