そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

3月に読んだ本のまとめ

3月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1923ページ

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
ティーンエイジ最後の夏は、少女から大人になる最後のイニシエーション。 つぐみのわがままとそれを理解するまりあ、暖かく見守る陽子。3人の関係が妙で、心の葛藤となんともいえない暖かさがある。 ノスタルジーを感じさせつつ、単になつかしい思い出や恋愛になっていないところがいい。つぐみというキャラが立っているからだろう。 純文学の少女は純潔であるということを裏切ってくれた。(笑)
読了日:03月29日 著者:吉本 ばなな
アミターバ―無量光明アミターバ―無量光明
きっと、死んだらこうなるんだろうなってことを本格的に教えてくれました。 お坊さんが量子論のことを語ると、すごく説得力があり反論はできません(笑)
読了日:03月25日 著者:玄侑 宗久
理由 (新潮文庫)理由 (新潮文庫)
宮部作品にはいつも、家族のつながりというものがあると思う。 非常に登場人物の多い作品であり、いくつも視点が変わるので、それぞれの登場人物を掘り下げて感情移入できる。 老人、大人、青年、子供、それぞれにはそれぞれの理由があり、その理由は運命だったのか、それとも必然だったのか。事件を通した人間の情が渦巻いていく。
読了日:03月22日 著者:宮部 みゆき
エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(11) (モーニング KC)エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(11) (モーニング KC)
自分の価値が足を引っ張っていることもある。ビリーフチェンジにより、気づかないことに気づくことがあります。
読了日:03月19日 著者:三田 紀房
多重人格探偵サイコ (14) (カドカワコミックスAエース)多重人格探偵サイコ (14) (カドカワコミックスAエース)
ルーシー・モノ・ストーンを影であやつっていたのは、○○○でした。
読了日:03月10日 著者:田島 昭宇
バーテンダー 16 (ジャンプコミックスDX)バーテンダー 16 (ジャンプコミックスDX)
「ソーブ・キ・プ」船が沈む時に、船に残った船長が、他の船員に言う言葉。 「生き残ることができる者は、全力で生き延びよ」 こんな時代だから、全力で生き延びる。 逆に言えば、全力でないと生きられなくなった。
読了日:03月08日 著者:城 アラキ,長友 健篩
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
この本、読めば読むほど怒りがこみ上げてくる。国が国民を守らなくてどうする!日本も他人ごとではないですね。
読了日:03月05日 著者:堤 未果
世界を知る力 (PHP新書)世界を知る力 (PHP新書)
全体としては、日本、アメリカからの視点だけでなく、いろいろな地域の視点から見ないと世界は見えてこないということです。 日本は、アメリカからの情報に頼りすぎているということでしょう。
読了日:03月05日 著者:寺島 実郎

読書メーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ