そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 東 浩紀

 オタク文化の思想的に考察した本である。すでにオタク文化には物語という構造はなく、物語の世界観も失われた。あるのは非物語という情報だけ。設定だけがすべてである。情報はデータベースとなり、データベースの組み合わせを消費するようになった。商業主義が進むと、物語はどうでもいいのか。萌えたり、キャラクターが売れればいいのか。
 この本ではそれを動物化といっている。欲求によって消費されていく社会。それを増長する私たち。
 なんかそれも限界に来たような気がする。ライトノベルの異常な出現にもそれを表れている。これからはライトノベルの衰退が始まるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ