そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

ハウルの動く城

宮崎駿
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005-11-16

ソフィーはなぜおばあさんになる呪いをかけられるのだろう。最初はおばあさんになる理由がわからなかった。ソフィーを旅立たせるためというのもあるのだが、後にハウルの母親役になったり、マルクルの母親役になったり、カルシファーを手名づけたりしている。ソフィーはヒロインで主人公でもあるが、グレートマザーの役割も果たしていることがわかる。
 もう一つ疑問に思うのは、ソフィーが簡単に旅に出てしまうことである。大抵の主人公は旅立つことを拒否するものであるが、ソフィーはためらいもなく旅に出てしまう。
 すでに自分の使命がわかっているかのような旅立ちである。最初からハウルを助けることが、自分の使命であることを無意識が知っていたのであろうか。その後、誰に頼まれるでもなく掃除婦をしていることも主人公の積極性がある。主人公が主体性を発揮しているのは、おばあさんになっているのからなのか。後半は性格がナウシカに似ていると感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ