そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

私という運命について 白石一文

白石 一文
角川グループパブリッシング
発売日:2008-09-25

自分の未来を切り開くために、現在から種をまく。自分の未来は自分で変えられるんだ。そう思っていた。思っていたというより、今も思っているが、それでもこの小説を読んでいると、自分で抗えない運命というのはあるのだろう。

自分で運命は変えていける。自分で抗えない運命はある。一見相反するものであるが、どちらも人生には必要なことなのだと思う。

思い通りにいかず、自分で抗えないことがあっても運命として受け入れれば絶望することはない。

自分で運命を切り開いたとしても、それが運命ということを知れば傲慢になることもない。

運命とうまく付き合っていくことが、人生の達人になる方法だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません