そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

価格破壊 城山三郎

城山 三郎
角川書店
発売日:1975-06

今でこそ、薬品の安売りはめずらしくなくなったが、昔は定価というものが存在していた。主人公は流通機構や再販価格にまっこうから風穴を空けようとする旗手である。
メーカーや弱小小売店を敵にしても、最後は消費者のニーズに答えるために自分の信じた道を突き進むのは、読んでいて胸がスカっとする思いである。

この本で学んだこと 

1.どんなに追いつめられても諦めない。
 この本にも出ている「あと、もうイーチャン」という姿勢は見習いたい。

2.自分の信念を曲げない
 自分たちの売るものは自分たちで値段を決める!買収されそうになっても、自分の信念を曲げなかった。

3.買った瞬間からくさりはじめる
 妻の「くさらないものはないの」という質問に
主人公の矢口は「動いているもの、流れているものは、くさらない。くさるより早く流れてしまう。人生だって、絶えず流れて走っていなくちゃ」と答えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ