そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

宮崎駿に学ぶ部下の育て方

部下や後継者を育てるのは大変なことですね。育成は早く、簡単に、効率的という言葉に縁がないのではないでしょうか。

実は、あるところでも後継者育成に苦心していました。

それは、なんと・・・・・・スタジオジブリ!

今週のNHKで放映されたので見た人もいるのではないかと思います。

ジブリ 創作のヒミツ 宮崎駿と新人監督 葛藤の400日

宮崎駿さんは69歳です。本人曰わく、もう監督ができるのはあと1本だろうということです。
しかし、宮崎駿の後継者になれるような人は、今まで聞いたことがありません。

そこで、現在公開中の「借りぐらしのアリエッティ」は37歳という若いアニメーターの米林宏昌(通称マロ)さんにすべてを任せることになったのです。

マロさんに任せるにあたり、宮崎さんはあることを決めました。

「いっさい口出しをしない」

それは宮崎さんの節度だといいます。監督は自分自身で決めてOKを判断する。それに口出ししてはいけないと。

宮崎さんは、マロさんが考えた絵コンテを見ませんでした。
そのことにスタッフは動揺を隠しきれない様子でした。
本当に大丈夫なのか。制作費数十億円の映画がこけたら、世界のスタジオジブリの名に傷がつく。

しかし、それを一掃したのは宮崎さんがスタッフ一同を集めて説明したときでした。

「自分は絵コンテをいっさい見ていません。マロにすべてを任せます」

そのときスタッフは、もうマロさんについていくしかないんだ。自分たちでやるしかないんだと思ったことでしょう。

宮崎さんがここまで思い切った後継者育成に乗り出すには訳がありました。
宮崎さんは以前も監督を任せることをしてきたのですが、自分のこだわりから現場に介入して、衝突することもしばしばだったといいます。
宮崎さんの後輩に、近藤喜文さんというアニメーターがいました。近藤さんは映画「耳をすませば」の監督をされた方です。
近藤さんが監督をしていたときも、宮崎さんは演出方法で近藤さんと幾度も衝突したといいます。そして、ときには強引に演出を変更させたのでした。

もともと病気がちだった近藤さんは、映画完成の2年後に病気でなくなりました。
その時のことが、今でも宮崎さんの心にしこりを残していたのです。

最初は、慣れない様子で監督をしていたマロさん。自分で原画をチェックしながら進める方法は大幅に進行が遅れていました。それでも、予定通り映画を完成させることができました。

宮崎さんは、アリエッティの完成試写を見たとき涙していました。
そして、試写が終わってから宮崎さんは、マロさんと堅い握手を交わし、マロさんの腕を高々と上げて言いました。

「本当によくやってくれました」

初監督のマロさんにねぎらいの言葉をかけたのです。
マロさんは満面の笑みを浮かべていました。

宮崎さんは、初めての監督するマロさんに言いたいことは山のようにあったと思います。それをすべて喉の奥に飲み込んで、最後にねぎらいの言葉をかける。
宮崎さん自身が後継者育成に苦慮してきたことからの成果ではありますが、徹底して自分の決めたルールを守る。これはなかなかできることではありません。
こうしたことがあってこそ、マロさんは監督という重圧をかかえながら期待に応えることができたのでしょう。
試写会が終わった後は、師弟の新しい空気が流れていました。

人が成長する姿というのは、本当に美しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ