そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

砂の上の植物群 吉行淳之介

吉行 淳之介
新潮社
発売日:1966-04

吉行淳之介の作品は読むのが初めてだった。

エロいですよ。これは!こうゆうのが本当にエロというのだろう。びんびん感じますね。

確かに、この本を読むと性の描写や描き方ばかりが目につくが、本当は伊木一郎の満たされない孤独感という内面が描かれているのだろう。

死んだ父親の影に呵まれ、女性を抱くことで満たされようとするが、逆に女が満たすために伊木が生かされているような気分になってくる。

伊木一郎は人生に何を見いだすのか、孤独なのか、絶望なのかルサンチマンなのか。伊木にとって女性とは何なのだろうか。そんなことを考えされられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません