そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

コミュニケーション至上主義社会への疑問

ダイヤモンドオンラインにこんな記事が載っている。

元2ちゃんねる管理人ひろゆき氏との対談で芽生えた外に出ない=ダメな人」という固定観念とコミュニケーション至上主義社会への疑問
http://diamond.jp/articles/-/9175

点線部分は記事からの引用です。

——————————————————————————–
ひろゆき氏はまず「なぜ人は外出しなければいけないのか?」という視聴者からのコメントを紹介。

「外出しないから、あなたは引きこもりですって、(外出しないことが)悪いことのように言われている気がしている。外出しなければいけないの?って思った時点で、ダメなヤツだと言われたら、しゃーないかな」
——————————————————————————–

「外出しない=引きこもり」という図式にはならないと思う。この図式によると世界中の偉業を成し遂げた人たちも引きこもりということになるだろう。

ポアンカレ予想を解いたペケルマンは、サンクトペテルブルクで外出しない生活をしている。そして、米国のクレイ数学研究所が贈呈を決めた 賞金100万ドルの受け取りを最終的に断った。

このように偉業を達成する人には、社会生活にうまく適合していていない人も多い。ただし、日本はこのような人を社会から排除する傾向が強いのではないか。

価値観の多様化、ダイバーシティと言いながら、引きこもりの価値観は認めることができていない。ただ単に働けないダメなヤツぐらいのレッテルを貼っている。

わたしが最近つらいことは、「お仕事なにされてるんですか?」ということ、説明しずらいので「情報処理を教えています」と答えています。相手は適当にレッテルを貼ってくれるでしょう。

——————————————————————————–
「なぜ現代社会は、コミュニケーションスキルを過剰に要求しているのか?」

社会を見回せば、能力よりも要領のいい人が出世していく。逆に、コミュニケーションの下手な人は、実力とは関係なくソンする事も少なくない。日本が「コミュニケーション至上主義」の社会になっていることも、多くの引きこもりを生みだし、社会復帰を妨げる背景にあるといえる。
——————————————————————————–

ここで言う「ソン」という言葉について。このソンというのは、お金を稼げるか、そうでないかというソンなのでしょう。つまり、資本主義というシステムの中でソンをしているということです。このコミュニケーション至上主義というは、コミュニケーションが資本主義の中でお金を稼ぐための道具になってしまったということではないでしょうか。

会社が求めるコミュニケーション能力とは、お金を稼ぐための能力のこと?村八分にされない能力のこと?

——————————————————————————–
ひろゆき氏はここで、身近で働くアスペルガー障害を持った人が、プログラマーとしては非常に優秀だったのに、サーバーがアダルトサイトにアクセスしてしまい、警察に逮捕された話を紹介した。彼は誤解を解こうと一生懸命説明するものの、話がシドロモドロのため、理解できない警察は23日間勾留。出てきたときには会社を解雇され、家賃も払えなくなって、ホームレス寸前にまでなったという。
——————————————————————————–

コミュニケーションとは、そもそも相互作用のことだ。
上の例でいうと、警察は彼の説明を理解できなかった。逮捕された彼も相手に説明することができなかった。これは逮捕された彼に責任があるのではなく、警察がただ理解できなったというだけである。お互いのコミュニケーションが通じていなかった。それでなぜ逮捕されるのかというのはわからない。

その後、会社も彼を解雇してしまうが、事実を確認したのだろうか。そして、彼の能力は正当に評価されていたのであろうか。もし、彼が説明できなくても、周りのエンジニアを彼の代わりに説明してあげることはできなかったのだろうか。

結局はコミュニケーション至上主義というのは個人至上主義ということ。
コミュニケーションスキルが高ければ、お互いがお互いを支え合うコミュニティを構築していけるはずである。

要領がよくて出世していくのは個人至上主義。
外出できない人を引きこもりと言うのも個人至上主義。

外出できない人が増えているのは、システムという制度が破綻してきている証拠なんだろう。そのシステムの中だけで図らないことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ