そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

越境する

茂木健一郎さんが、連続ツイート「専門」というのをブログにあげていた。

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/

点線は引用です。

——————————————————————————–
越境する人を応援しない日本のマインドセットが発展を阻害している。アップルのスティーヴ・ジョブズは、何かの「専門家」なのか? ユーザーインターフェイスの「専門家」じゃない人は、iPhoneの開発には口を出すな、などと言っていたら、ジョブズの輝きは生まれない。
——————————————————————————–

自己紹介するときに、「何の仕事してるんですか?」とか「専門は何ですか?」と聞かれると説明しにくい。昔は「ITの専門家」(ITの中でもさらに専門はいっぱりありますが)と言っていたが、今は心理学とか哲学とかいろいろ興味が出てきて本を漁っている。
これを言うと、たぶん幾人かの人は「あ、そっちいっちゃったんだ」と思う人もいるはずだろう。別に本人は変わっていないが、変な宗教にかぶれてしまったかのように感じる人もいた。それでも、自分は興味があることを勉強したいし、やりたいことをやるだけなので。ここでは周りの評価は気にしてないでおこうと決めた。

——————————————————————————–
知のあり方が変わりつつある。一つひとつの「点」に固執する人たちよりも、「点」と「点」を結ぶ人たちの方が輝いている。「結ぶ人」こそが、次の時代に私たちを連れていってくれる。「点」に固執する人たちは、もはや旧時代の遺物に過ぎない。
——————————————————————————–

日曜日に日本カウンセリング学会に出席してきました。
そこで國分康孝先生の講演を聴くことができました。

これからのカウンセラーに求められるものとして「哲学」が必要だと解いていました。
実在主義や論理実証主義などの哲学を勉強するとよいと言われておりました。
國分先生自身もアメリカに留学されたとき、大学で哲学のコースを取ることをすすめられたようです。

そのときわたしは、自分の考えは間違っていなかったのだと思った。

「何のために生きるのか?」「どうして産まれてきたのか?」「自分の使命はなんだろう」と考えるときにエビデンスによる臨床心理で対応できるのかということだ。
(エビデンスベースの臨床心理とはどうゆうものか、あまりよくわかっていませんが)
カウンセリング学会でもスピリチュアルなものが取り入れてきた。

分業化が進み、高度な専門知識が必要になったことで専門化はさらに進んでいる。しかし、それだけでは閉塞感があり、専門はその領域だけやればいいというものではない。茂木さんも言っている、点と点を結べる人が革新的なことを遂げられるのだろう。

西欧では、経済、心理、数学などの博士号を複数取る人が多いが、日本ではあまりいない。

ITと哲学について点と点を結ぶのもおもしろいかもしれないと考え出した。
一見遠い点にも思えるが、哲学はどんなことにも応用できる普遍的なものだと思う。

内田樹さんは、あれだけいろいろなテーマに回答できるのはやはり基本的な根があるからなんだろうと思う。わたしもそれをつかみたい。

当面ですが、

「何のために生きるのか?」「どうして産まれてきたのか?」「自分の使命はなんだろう」

自分の中で今後考えていきたいテーマです。
変になったなぁと思ったら、そんなこと考えてるからだと暖かい目で見てください。
(後ろから刺さるような目で見ないでね><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ