そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

自己変革の心理学 伊藤順康

論理療法に関する心理学をわかりやすく解説しています。

論理療法とは
「心の中に表れる文章記述の非合理的・非論理的思い込みに焦点をあてて、その文章記述を適切で論理的な文章記述に変えることによって考え方や感情を変え、思考を再構成することを通じて行動の再構成を行っていこうとするものである。」

例えば、「東大に入れなければ生きている価値がない」とか。これは非論理的思考で、心の中の文章記述である。

ABC理論
A:物理的世界
B:現象学的世界
C:感情的世界

わたしたちは、A→Cというようにある出来事に対して感情が表れるわけではない。

A:子供が電車でうるさくしている
C:不快感

その前にBという思考の枠組みを持っている

A:子供が電車でうるさくしている
B:親は子供をしっかり注意するべきだ
C:不快感

この枠組みが出来上がるときに、私たちは事実的世界を受け取っている。その受け取り方によりビリーフが出来上がる。まともな受け取り方をラショナル・ビリーフといい、おかしな受け取り方をイラショナル・ビリーフという。
ラショナル・ビリーフか、イラショナル・ビリーフかの違いは、その受け取り方が「事実」に基づいているか、「論理性」があるかというところにおかれる。

例「私は彼女に振られた、いつまでたってもダメな人間だ」
彼女に振られたこととダメな人間だという論理性も事実もない。しかし、こうした心の文章記述を持ってしまうことは多い。

なぜ思考がゆがんでしまうのか
・他者からの暗示
私たちはこれまでにいろいろな価値観を得てきた。しかし、その価値観は無意識のうちに歪んだものを含んでいることが多い。就職活動においても「よい企業に就職しなければならない」というのも歪んだビリーフだろう。

・shouldとwishの混同
「ねばならない」と「こうあってほしい」を混同している。例えば「悪口は言うべきでない」と「悪口は言わないでほしい」は違う。「~するべき」というのは、その通りになっていないという不満である。大抵は「~してほしい」という願望である。他人は自分と違う価値観や信念を持っているのだから、「~するべき」と捉えると相手を認められなくなる。

・「持ち越し苦労」と「取り越し苦労」
過去へのとらわれは「持ち越し苦労」あのときああしていればというもの。「こんなこと言うとみんなから笑われる」みんなから笑われるというのは想像にすぎない。

ABCDE理論
Activating:出来事
Belief system:考え方、受け取り方
Consequence:結果の意。感情、悩み
Disqute:反論、反芻
Effect:効果

Dは反論すなわちイラショナルな考え方Bを粉砕する段階のこと。イラショナルなビリーフをラショナルなビリーフに修正する段階である。Eは効果で、Bが変わってくると、Eの行動が変わってくる。

自己訓練のヒント
とても不快な出来事に直面したら、その細部にいたるまでできるだけ明瞭に思い浮かべる。その強烈な印象を心に刻んだら、今度は心のおもむくまま不快感を味わう。(それがCの段階)
心に動揺を感じたら、しばらく間身をもってそれを経験する。つぎにそういう感情を変えるように自己に迫る。不安や憂鬱、憎悪ではなく、失望や後悔、迷惑やいらだちだけを感じる状態に変える。

最後の自己訓練のヒントはフォーカシングに似ている。細部にいたるまで明瞭に思い出すというのは大変なので、一歩引いて見るというのも手だろう。そして、それをあるがままに認めるということも大切なことだ。そして、私たちが子供のときから築いてきた非論理的な思考に気づくということが第一歩だ。それを見つけられなければ、ビリーフチェンジはできない。

自己変革の心理学 論理療法入門 (講談社現代新書)
伊藤 順康
講談社
売り上げランキング: 122656
おすすめ度の平均: 4.0

4 勇気づけられます。
3 論理的かはともかく・・・
3 入門後、再読!!
5 論理療法入門として有用。ただ注意点があります。
4 論理療法が分かる一冊です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません