そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

「本気」の言葉を「本気」で聞く

宮台真司さんの「日本の難点」、まだ読み途中ですが、最初にコミュニケーション論や教育論が書いてあり非常に興味を持った。

「若者のコミュニケーションはフラット化したか」というテーマについて、日本の人口学的流動化、IT技術の進展についての流動化が進んでいるという。

恋愛関係が一番わかりやすい。(最近は婚姻関係もそうだと思うが)

相手がダメなら、次の人

次の人がダメなら、その次の人

人間関係がすでに代替可能であるということ。これは現在のビジネスもそのような傾向がある。

使えないなと思ったら、次の人

次の人が使えないなら、その次の人

婚活ビジネスや人材派遣ビジネスというのは、こうやって成り立っているといえる。

こういった環境であれば、ヘタにコミットメント(ここでのコミットメントはかかわりあい)すれば「バカをみるか」、「ストーカー扱いされる」と言っている。

以前婚活のテレビを見ていたら、男女が3分ずつ話して席を交代していくお見合いパーティーというのをレポートしていた。これはわたしたちに代替可能関係が一番合理的だということを教えてくれている。

このパーティーでは、へたにコミットメントすればバカをみる。なぜなら、相手は他の人もいろいろ話を聞いてみたいと思っている。あなたはたくさんの候補のうちのひとりなのよと言われているようなものである。果たしてこれで、本気で話を聞いてもらえるのだろうか。そんなことはまずなかろう。だから本気で話そうと思ったら、肩すかしをくらい本気で話したくなくなる。

そして、時間を超えて話そうとすればストーカー扱いだ。w

相手が複数の候補を持つことでリスク分散するならば、自分も複数の候補を持つことでリスク分散を図る。これが合理的というもの。

宮台さんの主張は、心理的なコミットメントの欠如もあるが、社会環境におけるコミットメントの欠如もあると言っている。

先日、NLPのワークでスポンサーシップエクササイズというのを行いました。このエクササイズを端的に言えば、「相手をほめる」ということです。

やり方は簡単。

わたしは、○○さんのXXが見えます。
そして、わたしはそれが好きです。
わたしは、○○さんのXXから△△を感じます。
そして、わたしはそれが好きです。

というメッセージを伝えるだけ。

しかし、これを本気で伝えないとただのおちゃらけたエクササイズになる。照れ笑い、セリフの棒読みなどなど。

そして、受け取る方も本気で受け取れない。「いやー、ぼくはそんな大層なものではないですよ」と妙に遠慮して受け取れない。

それは相手が代替可能だと思っているから。

例えば、友達が自殺すると言ったときにどのようにして止めるか?

宮台さんは、本当に効き目があるセリフというのは、

「お前が死んだら自分は悲しい」
「お前が死んだらつらくて生きていけない」

といったことだと言っている。

しかし、「お前が死んだら自分は悲しい」と言って、友達に「嘘つけ!」と言われたら、たぶん友達はあなたのことは本気ではないと感じていたのだろう。

「お前が死んだら自分は悲しい」というセリフを棒読みで言う。照れ笑いで言う。

今の社会にはこのような関係が蔓延している。

以下、「日本の難点」から引用
——————————————————————————–
「本気」で聞かなくてもよくなったということは、「本気」で聞いてくれる人がいなくなるということですから、「本気」で喋るのもバカバカしくなります。
——————————————————————————–

結局「場」だけの適用を求められ、本気で話す、本気で聞くという環境はなくなりました。

今、必要なのは「本気」の話を「本気」で聞くことだ。

そんな環境が本当は必要だ。

日本の難点 (幻冬舎新書)
宮台 真司
幻冬舎
売り上げランキング: 20748
おすすめ度の平均: 3.5

2 あいかわらずの宮台文学爆発
1 分かりにくい本だ。
5 基本的な主張は時代の流れであり違和感はない(収束しつつある物差し)
3 嫌われ宮台の本領発揮
4 「社会」を強化していくということ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。