そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

富士吉田で奥藤の鳥もつ煮を食す

B級ご当地グルメの祭典「第5回B―1グランプリ」で優勝した「甲府鳥もつ煮」を食べにきた。

ここは甲府ではなく富士吉田市。富士吉田でも鳥もつ煮が食べられるのだ。

鳥もつ煮がおいしい奥籐

鳥もつ煮がおいしい奥籐

奥藤さんは、なんと大正2年の創業で今では4代目のご主人。

ですから最近流行りだから出している鳥もつ煮とは年季が違うのだ。

これが鳥もつ煮

鳥もつ煮 2人前

鳥もつ煮 2人前

白く丸いのはたまごじゃないよ。
鳥の内臓の一部です(部位はどこかわからない)

もつを食べるとレバーと味噌の味がいけます。
これはビールが飲みたくなりますなぁー。
昼だから飲めませんが。。。

白く丸い部位はたまごの白身だけを食べている食感。

鳥もつ煮と手打ちそば

鳥もつ煮と手打ちそば

この奥藤さんはもともとがおそば屋さん。
手打ちそばもおいしい。
ただし、お客が来てから調理するので時間がかかる。
忙しく、さっと食べて帰りたい人には向かない。

鳥もつ煮が売り切れてしまいました

鳥もつ煮が売り切れてしまいました

わたしの後、1組のお客様が入いると「売り切れごめん」の看板が。
よかったセーフ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません