そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

守破離

先週の日曜日は能楽を鎌倉芸術館に見く。
今更ながら能楽というのは能と狂言のセットのことを能楽というのかと気づく。(遅すぎました・・・)

さて、能のシテである観世銕之亟さんがプレトークということでお話されていた。
能というのは型を覚えて、型通りに演じなければならない非常に制約の多い演劇だ。
それでも銕之亟さんは、誰もが型通りに演じても個性はにじみ出てくるとおっしゃっていた。
逆に言えば、型を覚えて型通りに演じてからにじみ出てくるものが個性なんだと。

テレビ東京で久米ひろしが久しぶりにテレビに出ていた。
タイトルは「にっぽんの食卓」。

70代ぐらいの女性をスタジオに集めて、自分の子供に料理を教えたことがあるか聞いていた。なんと、70代ぐらいの女性は自分の子供に料理を教えた経験がほとんどないそうだ。

現在、70代の人は子供時代を戦時中に育った人がほとんどだ。だから、戦争中は栄養があるものを食べられなかった。子供時代に家庭の食事をしっかり食べていなかったのである。

そして、小学校のときに戦争が終わり価値観のパラダイムシフトが起こった。教科書は墨で塗りつぶされ、アメリカから自由と民主主義が導入された。

70代の女性は口をそろえて言う。

「娘には娘の価値観があるのだから、自分の価値観を押しつけない方がいい」

なるほど、それはもっともだが日本料理は何百年という伝統がある。その伝統から出てきた料理の型というものが存在するはずだ。
(私は型など身につけておりませんが・・・)

それは理屈でいい悪いという話ではなく、守るべき型なのだろう。
それでも能と同じくにじみ出る個性というものはある。

まずは守るものがある。それでも個性は充分に発揮できる。

北島康介は平井コーチのもとを離れてアメリカに渡り、ひとりで練習している。
自分でテーマをもって、自分で練習している。
北島選手は充分に守はできているから、今は破になっているのだろう。離が完成したときにはロンドンでも充分に結果を残せるのではないかと思っている。

自分はと言えばまだ守ることさえできていない。
今までのルールをその通りにすることさえできない。
だから守にさえ達していないのだろう。

これにはある程度の経験が必要だ。
だから、今は守に専念して破離はまだ先だと思うようにしている。
そして、その中でもにじみ出てくるモノがあり、それを感じてもらえるととてもうれしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません