そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

トイレで論語を読むのはアリ?

最近、トイレに入ると論語を読むようにしている。

トイレで本を読むのはすきだけど、昔は母親によく怒られたな^^
(おかげでアレに悩まされる・・・)

といっても論語の原書ではなく、「おもしろいほどよくわかる論語」という解説本だ。

本当は原典に当たりたいけど、まずは初心者本で^^

でも、江戸時代は寺子屋で論語を素読していたというから驚きだ。

素読することで知らない間に論語の骨子が身に付いたのだろう。

身体で感じるって大切なことだ。

明治維新で外国人が日本に来るようになって、最初に驚いたのは日本人の識字率の高さだった。

文字が浸透していから日本は一気に文明開化にいけたのだと思う。

専門学校で講師をしていたときは、教科書を音読させていた。

IT用語って何て読むかわからないものが多いから、読ませると学生が読み方がわからないところがわかっていいのだ。

例えばこれ、何て読むかわかりますか?

ITIL  PMBOK  RAID

意外に読み方わからないものってあるもんです。

そして、何度も読むって大切だ。

2度目、3度目は新しい気づきがあったり、深く浸透していく感じがあったりする。

広田弘毅も寝る前に論語を読んでいたというし、
(「落日燃ゆ」で知った)

自分ももう少し読んでみよう。

正解:アイティル ピンボック レイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません