そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

KAGEROU 齋藤智裕

今日は打ち合わせがあったので、久しぶりに都心へ。

打ち合わせも終わり、神保町の三省堂に入ると、

シャンパンタワーのように高く積みあがった本が。

そういえば、朝のワイドショーで岩井志麻子さんが、

いろいろ書評をしていたような気が。

齋藤智裕の名前で応募したら、いきなりポプラ社小説大賞

大賞を受賞!

KAGEROU」が今日発売。

何度、買おうかどうか迷いましたが・・・

キャンペーンのお姉さんに負けて買ってしまいました。。。
(キャンペーンのお姉さんにせいにする、意志の弱いわたし)

本は行間がかなり空いているし、236ページなので、

喫茶店と帰り電車1時間で読了。

まず文章が硬くなく、読みやすい!

すいすい読めてしまう。

展開が早いので、ストーリーに入りこんでいけるし、

次の展開、次の展開と読み進めたくなる。

齋藤さん(←あえて齋藤さんと書きます)が言っているテーマが「命」

と言っているので、もっと重い話を想定していた。

確かに自殺した人を引き止めるところから話は始まるのだから、

重いといえば重いのだが、主人公のノリが軽い!

だから、テーマは重いのにノリは軽くスピーティーに展開していく、

最後はお涙頂戴で泣かせるのかと思ったが、

そうではなかったのが意外だった。

よくある「命を大切に」というテーマがモロに出てしまう内容の

押し付けがましくないのが良かった。

岩井志麻子さんがワイドショーでドンデン返しがあると言っていたが、

大ドンデン返しではなく中ドンデン返しがある。

でも最近の小説の傾向にあるように、最後は読者にゆだねようという

終わり方になっている。

自分としては、それほど感情が揺さぶられるというような内容ではないが、

エンターテイメントとしては十分に楽しめる。

45万部の予約がすでに入っているというが、

出版不況のなかでポプラ社はよかったね!

逆に課題としては、

文章表現が稚拙であるのと

十分に推敲しているのかという点に疑問が残る。

今回はこれで売れてしまったからいいのだろうが、

次回作が作家として真価が問われるのだろう。

出版社は売れるからという理由で、どんどん出して

作家として育てる気がなくなったら非常に残念である。

KAGEROU
KAGEROU

posted with amazlet at 10.12.15
齋藤智裕
ポプラ社 (2010-12-15)
売り上げランキング: 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません