そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

ユッケ食中毒にみる囚人のジレンマ問題

囚人のジレンマというのは次のようなことをいいます。

ユッケの生肉にO111の菌がついていて食中毒がおきました。

焼き肉店と食肉卸のいったいどちらに責任があるのか。

焼肉店と食肉卸が警察に捕まった。

それぞれ別室で取り調べを受けている。

この時、焼肉店の社長は言った。

「うちではユッケ用の肉として食肉卸に頼んでいたので、うちには責任がない」

それを伝え聞いた食肉卸の社長は、

「うちは加熱用の生肉を卸しているだけだ。責任は焼肉店にある」

これではラチがあかないということで、警察は2人に条件をつけた。

・もし、2人とも黙秘したら、2人とも懲役3年。

・相手が黙秘していても、おまえだけが自白したらおまえだけは刑を1年に減刑する。ただし、相手の方は懲役10年だ。

・逆に相手だけが自白し、おまえが黙秘したら共犯者は刑が1年になる。ただし、おまえの方は懲役10年だ。

・ただし、おまえらが2人とも自白したら、2人とも懲役5年だ。

食肉卸 黙秘 食肉卸 自白
焼肉店 黙秘 (3年、3年) (10年、1年)
焼肉店 自白 (1年、10年) (5年、5年)

互いに裏切りあって10年の刑を受けるよりは互いに黙秘をした方が刑は一番すくないぞ。

しかし、自分の利益のみを追求している限り、最悪の結果をむかえる

例えば焼肉店社長は以下のように考えるだろう。

食肉卸が「黙秘」を選んだとする。

このとき、もし自分が食肉卸と協調して黙秘すれば

自分は懲役3年だが、逆に食肉卸を裏切れば懲役は1年ですむのだ。

だから食肉卸を裏切ったほうが得だ。

食肉卸が裏切って白状したとする。

このとき、もし自分が黙秘すれば懲役10年だが、

逆に自分が食肉卸を裏切って自白すれば懲役は5年ですむ。

だから食肉卸をやはり裏切ったほうが得だ。

という考えを食肉卸もするので、結局焼肉店と食肉卸は裏切り続け、

両方とも自白しちゃうというわけ。

本当にどうなるかはニュースをみてね。

食中毒でお亡くなりになった方にはお悔やみを申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません