そこのあーた、ねぇねぇ、もっとゆる~くいかない?ビバ、リラックス!!

コクリコ坂から

辻堂海浜公園の花

先週、コクリコ坂からを観てきました。

1960年代のノスタルジー、海と俊の恋愛を描いたストーリー、
そして、カルチェラタンの取り壊しという新しい時代に生まれ変わることへの抵抗。

この映画は、はっきり言えばバランスがいい。

ノスタルジーも味わえつつ、ラブストーリーで胸が締め付けられるような、甘く切ない感覚も味わうようなこともできる。

そして、時代の体制に抗うような思想的背景など。

だから、若者から50代、60代の人が見てもおもしろいと思う。
(そのわりに、お盆の休日で映画館はすいていたが)

確かに今までのジブリという作品からすれば系統が違う。今までのジブリ作品はファンタジーという要素が取り入れられていた。悪く言えば子供向けってことだ。もちろん大人が見てもおもしろいのは言うまでもないが。

この映画は徹底したリアリティ。

いきなり主人公が朝、眠そうに起きて朝食の支度をしだす。

これから、非日常が起こるという予感さえも感じられない。

リアリティという意味では、なぜか海の方から俊に告白してしまうのだが、
この時代に女性からの告白というのが描かれているというのが、ちょっと違和感が残る。なぜか、そこは現代風なのだ。

そう言う意味でいうと、俊は草食系男子の走りだったのだろうか。

ということは海ちゃんは肉食系?(いや~ん><)

エンターテイメントとして映画で観る価値があるのかと言われれば、「DVDでも十分じゃない」ということないなるのだろう。

しかし、でもあえて映画で観ることもいいのではないかと思う。
(1800円という値段はどうにかしてほしいと思っているが・・・)

海の甘く切ない感情をもらって帰れたことが、自分の心にあたたかいモノをもらったような気にさせてくれる。

気にさせられたというのが正しいのかもしれない。

そして、最後に自分の心は汚れてしまったのだと感じるww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ